メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム編集 双子誕生と認定、警察に告発

 【北京・浦松丈二】ゲノム編集技術でヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと中国の研究者が主張した問題で、中国広東省の調査グループは21日、研究者が「自らの利益のため禁止されている生殖目的のゲノム編集を実施し、双子が誕生していた」と認定、警察に告発したと明らかにした。新華社通信など国営メディアが一斉に報じた。事実上の当局発表とみられる。

 実際に双子の遺伝子から改変が確認されたかは報じられていない。報道が事実だとすればゲノム編集した子供…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです