メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官

「平成」文書扱い、確認指示

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、元号を「平成」に改めた際の公文書の扱いに関し、「文書を作成した時点の状況を確認するよう事務方に指示した」と明らかにした。公文書管理法では、重要な公文書は作成・取得から1~30年後に国立公文書館に移管し、移管後の文書は原則公開される。理由と期間を首相に報告して延長…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです