メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

改元と記録/中 江戸以前、議論を継承

 4月1日の新元号発表を前に、どんな字が使われるかの予想も盛んになりそうだ。昨年3月にはソニー生命保険が、平成生まれと昭和生まれ各500人にアンケート。トップは計1000人中47人が挙げた「平和」だった。一方でトップ10に「安久」「安泰」「安寧」と「安」を1文字目に使う案が三つ入った。縁起のいい字で、ネットでは安倍晋三首相の名前をもじった「安晋」も飛び交う。ただ江戸時代以前の改元の記録を見ると、1文字目が「安」の元号には、専門家から異論が出そうだ。

 1489年の後土御門天皇の在位中の改元の際、漢学や歴史を教える文章博士の菅原在数が「安永」を提案し…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです