メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

韓国艦レーダー照射、協議打ち切り 日韓過熱「冷却」図る 政府、韓国主張に見切り

 韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射問題で、日本政府は21日に海上自衛隊哨戒機のレーダー探知音を公開し、韓国側との協議を打ち切った。韓国側が一貫して事実関係を認めない以上、協議を続けても日韓関係がさらに悪化すると判断し、過熱した問題の「冷却」を図った模様だ。ただ、防衛省が発表した「最終見解」には韓国を突き放す記述も多く、問題の沈静化は見通せない。

 「韓国側の主張は、客観的根拠に基づかず、説得力を欠き、レーダー照射に関する重要な論点を希薄化させるためのものと言わざるを得ない」。見解で防衛省は、韓国側の「哨戒機が駆逐艦に低空で威圧飛行した」との主張に反論。論点をずらす論理だと断じた。

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです