メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
韓国艦

レーダー照射 「客観性なし」 防衛省、にじむ不信感 最終見解要旨

 韓国軍艦による火器管制レーダー照射問題で、防衛省が21日に発表した最終見解では、韓国側が「事実と異なる主張」や「全く客観性に欠ける回答」を繰り返したなどとする記述が随所にあり、防衛省の不信感がにじみ出た。主な内容は次の通り。

 防衛省は再発防止を強く求める観点から、日本側が有する客観的事実をまとめ、公表する。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1167文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです