メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

転機の国連PKO 国連事務次長(平和活動担当) ジャン・ピエール・ラクロワ氏

PKOの状況について語る国連のジャン=ピエール・ラクロワ事務次長=東京都渋谷区の国連広報センターで2018年11月22日、藤井太郎撮影

危険増す任務受け改革

 開始70年になる国連平和維持活動(PKO)が転機を迎えている。派遣先での襲撃による隊員の死傷や隊員による地元民の性的虐待、任務の長期化など問題は多く、グテレス国連事務総長は改革構想を打ち出した。取り組みの現状について、PKOを含む平和活動担当のジャン・ピエール・ラクロワ事務次長に聞いた。【聞き手・和田浩明、写真・藤井太郎】

--昨年3月、グテレス事務総長は「PKOのための行動」構想=1=を発表しました。

この記事は有料記事です。

残り2736文字(全文2949文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです