メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

転機の国連PKO 国連事務次長(平和活動担当) ジャン・ピエール・ラクロワ氏

PKOの状況について語る国連のジャン=ピエール・ラクロワ事務次長=東京都渋谷区の国連広報センターで2018年11月22日、藤井太郎撮影

危険増す任務受け改革

 開始70年になる国連平和維持活動(PKO)が転機を迎えている。派遣先での襲撃による隊員の死傷や隊員による地元民の性的虐待、任務の長期化など問題は多く、グテレス国連事務総長は改革構想を打ち出した。取り組みの現状について、PKOを含む平和活動担当のジャン・ピエール・ラクロワ事務次長に聞いた。【聞き手・和田浩明、写真・藤井太郎】

--昨年3月、グテレス事務総長は「PKOのための行動」構想=1=を発表しました。

この記事は有料記事です。

残り2736文字(全文2949文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです