メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル

シリア領内施設をまた空爆 対イラン強硬姿勢

ダマスカス国際空港付近に飛来するミサイル(左)。国営シリア・アラブ通信が配信した=21日、AP

 【エルサレム高橋宗男】イスラエル軍は20日夜、シリアの首都ダマスカス国際空港などにある武器庫やイランの革命防衛隊に関連する施設などを空爆した。イスラエル軍が21日未明に発表した。イスラエルは最近、従来の方針を変更し、シリア国内のイラン施設への攻撃を公式に認めるようになっている。米軍がシリアからの撤収を開始したことに伴い、イランに対して強硬な姿勢で臨むことを鮮明に打ち出す狙いがあるとみられる。

 シリアのアサド政権と連携するロシアからの報道によると、シリア軍は約30発の誘導ミサイルなどを迎撃し…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです