自動運転

地方の挑戦 高齢者の足確保/産業育成も狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遠隔操作された2台の自動運転車を同時に走らせた実証実験=福井県永平寺町で2018年11月19日
遠隔操作された2台の自動運転車を同時に走らせた実証実験=福井県永平寺町で2018年11月19日

 全国の自治体で自動運転の実証実験が広がっている。国内外の自動車メーカーや米IT大手企業が、高速道路などで人が介在しない「完全自動運転」の実現を目指すのに対し、低速運転で人による「遠隔監視型」が多いのが特徴だ。主に過疎地での高齢者の買い物支援や公共交通機関の人手不足解消を目的とするが、新たな産業育成を狙う自治体もある。【小倉祥徳】

 「人間らしく生きるために大きな役割を果たす技術だ」。1人が遠隔監視した2台の自動運転車が公道を走るという世界初の実証実験が2018年11月に行われた福井県永平寺町の河合永充(ひさみつ)町長は、自動運転実現に期待を示した。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1383文字)

あわせて読みたい

注目の特集