メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車貿易

「数量規制交渉は不可避」 カナダ業界トップ、日米協議で

カナダ自動車部品工業会のフラビオ・ボルペ会長=東京都港区で2019年1月21日、加藤明子撮影

 カナダ自動車部品工業会のフラビオ・ボルペ会長は21日、東京都内で毎日新聞の取材に応じ、新たな北米自由貿易協定(NAFTA)に盛り込まれた自動車貿易の数量規制が「今後の通商交渉のトレンドになる」と述べ、トランプ米政権が日本にも同様の条項導入を求めるとの見方を示した。今春ごろの開始が見込まれる日米交渉を有利な内容で決着させるには「日本はタフに交渉しないといけない」とも述べた。

 米国とカナダ、メキシコは昨年11月、NAFTAの新協定に署名した。自動車貿易では、関税をゼロにする…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです