メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

ゲノム編集の双子 安全性や倫理無視

 中国でゲノム編集を施して遺伝子改変を試みた受精卵から双子の女児が生まれていたと中国当局が認定した。人類史上初とみられる行為が、国際社会の合意を無視し、秘密裏に行われた事実は重い。事実認定の根拠や意図した遺伝子改変がなされたかは不明で、さらなる検証が必要だ。

 改変の目的は誕生後のエイズウイルス(HIV)の感染予防とされるが、現在の不妊治療技術で誕生時の感染を防ぐことは可能だ。改変に医学的妥当性はなく、親の望む特性を与える「デザイナーベビー」を作る試みと言える。双子の健康に長期的な影響…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです