メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

ゲノム編集の双子 安全性や倫理無視

 中国でゲノム編集を施して遺伝子改変を試みた受精卵から双子の女児が生まれていたと中国当局が認定した。人類史上初とみられる行為が、国際社会の合意を無視し、秘密裏に行われた事実は重い。事実認定の根拠や意図した遺伝子改変がなされたかは不明で、さらなる検証が必要だ。

 改変の目的は誕生後のエイズウイルス(HIV)の感染予防とされるが、現在の不妊治療技術で誕生時の感染を防ぐことは可能だ。改変に医学的妥当性はなく、親の望む特性を与える「デザイナーベビー」を作る試みと言える。双子の健康に長期的な影響…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです