メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

EUは下方景気循環へ=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 年明け以降発表の欧州連合(EU)の経済統計は、景気の下方転換が昨年11月以降だったとする。昨年10月の米国に発する株式市況下落が輸出依存型のEU経済に、同時調整を強いたのだ。

 まずEUの工業製品価格は昨年11月に対前月比でマイナス0・4%となった。0・8%上昇の10月までは、一昨年夏以降上昇が基調で、11月の急落はエネルギー部門の1・1%マイナスが主因だった。資本財、消費財は横ばい圏で、世界経済の先行き見通し変化がエネルギー価格の集中的な調整に結実した。

 EUの消費者物価の12月速報は、対前年同月比で1・6%上昇にとどまる。夏場から10月までは2%強で、11月の1・9%に続き上昇率の下方修正となった。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです