メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

1年 火山避難計画、足踏み 自治体「ノウハウがない」

 1人が死亡、11人が負傷した草津白根山の本白根山(もとしらねさん)(群馬県草津町)の噴火から23日で1年。噴火が「想定外」で火山避難計画を未作成だった草津町は4月までの完成を目指すが、内閣府によると、同町のように計画の作成が義務づけられている自治体のうち、約6割が未作成。ノウハウや人員の不足などが背景にあり、災害の教訓を生かし実効性のあるものにできるかが全国的な課題になっている。【吉田勝】

 死者・行方不明者63人を出した2014年9月の御嶽(おんたけ)山(長野、岐阜県)の噴火を受け、国が…

この記事は有料記事です。

残り1774文字(全文2021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです