メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

障害者、分身ロボで在宅接客

自宅からパソコンを使って分身ロボットを操作する村井左依子さん=埼玉県草加市で2018年12月5日、小野まなみ撮影

 障害のため外出や肉体労働が困難な人が、自宅にいながら店員として働ける「分身ロボットカフェ」が昨年11~12月、10日間の期間限定でオープンした。関係者は2020年までに常設することを目指しており、障害者の社会参加や新たな働き方につながると注目が集まっている。

 「いらっしゃいませ」「こんにちは、ようこそ分身ロボットカフェDAWN(ドーン)へ」

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです