メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

障害者、分身ロボで在宅接客

自宅からパソコンを使って分身ロボットを操作する村井左依子さん=埼玉県草加市で2018年12月5日、小野まなみ撮影

 障害のため外出や肉体労働が困難な人が、自宅にいながら店員として働ける「分身ロボットカフェ」が昨年11~12月、10日間の期間限定でオープンした。関係者は2020年までに常設することを目指しており、障害者の社会参加や新たな働き方につながると注目が集まっている。

 「いらっしゃいませ」「こんにちは、ようこそ分身ロボットカフェDAWN(ドーン)へ」

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです