メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
住・LIVING

狭小物件 広さより立地、収納に一工夫

約10平方メートルの狭小物件に住む粟屋翔太朗さん。家具の使い方や配置に工夫が凝らされている=東京都練馬区で2019年1月14日、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2~3月は転勤や進学を控え、新しい住まいを探す人が増える。若者を中心に人気が高まっている「狭小物件」と呼ばれる狭い部屋や、安心して住める賃貸物件選びのコツを取材した。

 東京都練馬区のIT関連会社員、粟屋翔太朗さん(27)は、約10平方メートルのワンルームで暮らしている。細長い部屋には独立したシャワールームとトイレ、室内洗濯機置き場、キッチン台がある。全体で6畳に満たない広さだが、内装は白と黄緑のツートンカラーでデザイナーズマンションのようだ。

 昨年8月に京都から東京に引っ越してきた粟屋さん。なるべく家賃を抑えたいと、都心へのアクセスが良い場…

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2164文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです