メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/1 2015年イングランド大会 カーン・ヘスケス

一丸で番狂わせ演出

 ラグビーでは相手の防御ラインを突破することを「ラインブレーク」と呼ぶ。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に向け、壁を突き破り新たな領域に踏み出す鍵を考える長期連載「ラインブレーク」。第1部「ジャパンの足跡」では、過去のW杯について当時の選手が振り返る。1回目は2015年イングランド大会の南アフリカ戦で決勝トライを決めたカーン・ヘスケス(33)=サニックス=に、「史上最大の番狂わせ」の舞台裏を語ってもらった。【聞き手・吉見裕都】

 私は南アフリカ戦で、29-32の後半38分から途中出場した。緊張はなく、練習したことを出し切るとい…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1170文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです