毎月勤労統計

不正調査 厚労省、組織関与どこまで 多い不審点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」で、ルールに反する抽出調査は2004年から15年間も続いていた。不正な調査手法を容認するマニュアルが作成され、その後に削除されたり、全数調査に近づけるためのデータ補正をしながら公表していなかったり、組織的な関与や隠蔽(いんぺい)をうかがわせる不審点がいくつも浮上している。24日に行われる国会の閉会中審査でどこまで解明できるかが焦点になる。【神足俊輔、大久保昂】

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文882文字)

あわせて読みたい

注目の特集