メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

この時期、何を一番すればいい? 「自分本位」で「中途半端」に

え・葛西りいち

 就活シーズンが始まると私の場合、大学やイベントでの就活講演が一気に増えます。講演などでなくても、学生から質問を受ける機会も多くなります。企業の広報解禁となる3月以前に多い質問としては、「この時期、就活で一番何をすればいい?」です。

 学生からすれば、説明会・セミナーや1日インターンシップ、企業の合同説明会に行け、と言われてあちこちに行くことになります。別の人は適性検査対策が大事と言い、別の人は社会常識を知るために新聞を読め、別の人は企業研究・業界研究が大事と言い、別の人は面接の練習を早くからすれば慣れると言い、別の人は文章を書き慣れないとエントリーシート・履歴書が書けないと言い、別の人は身だしなみが大事と言い……。

 結局、何を優先して、何を後回しにするのか、パンクしてしまう。これが学生の言い分です。この質問に対する私の回答は「中途半端さ」「自分本位」「時間の管理」の3点あります。

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文2055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. トランプ氏は「国家にとって有害」 NYタイムズ匿名寄稿 元高官名乗り出る

  5. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです