メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱カルト支援団体

委ねず見て考えて オウム元死刑囚の悔悟と歩む 石川の住職、始動

2018年末に解散した支援者団体の機関誌に目を通す平野喜之さん=石川県かほく市の浄専寺で、岩壁峻撮影

 オウム真理教の元幹部で昨年7月に死刑が執行された井上嘉浩元死刑囚(執行時48歳)の支援をしてきた石川県かほく市の住職、平野喜之さん(55)が今春、カルト宗教の信者の脱会支援をする団体を発足させる。「自分の目で見て考えてほしい」という井上元死刑囚の「遺言」を伝えていく。

 平野さんは井上元死刑囚と同じ京都の私立高出身。共通の恩師を介して2006年から拘置所での面会を続け、07年には支援者団体「『生きて罪を償う』井上嘉浩さんを死刑から守る会」を設立した。この間、井上元死刑囚と手紙のやりとりを続け、06年12月から死刑執行直前の昨年7月まで188通が届いたという。

 交流するうち「自分のやったことがオウムの活動を支えてしまった」と、徐々に罪に向き合っていた井上元死…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです