再々選挙は免れる 群馬・昭和村議選が再選挙告示 候補者数不足受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年11月の選挙で候補者数不足だったことに伴う群馬県昭和村の村議選の再選挙(改選数3)が22日告示され、いずれも無所属で新人の3人が立候補を届け出て、再々選挙は免れた。村選挙管理委員会は「選挙戦にはならなかったが、欠員を満たすことはできた」とほっと胸をなで下ろした。22日午前11時現在、他に立候補の動きはなく無投票当選になる見通し。

 昭和村議選は昨年11月に任期満了に伴い実施されたが、定数12に対し9人(現職7、新人2)しか立候補がなかった。9人は全員無投票当選が決まったが、定数の6分の1を超える欠員(3人以上)が生じたため、公職選挙法の規定で今回、補欠のための再選挙が実施された。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文427文字)

あわせて読みたい