メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「主体的な労使折衝の堅持を」春闘指針の経労委報告

 経団連は22日、2019年春闘の経営側の交渉指針となる「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)を発表した。賃上げについて「自社の状況に見合った賃金引き上げ方法について、労使で徹底した議論を行いながら検討することが基本だ」と明記し、労使が主体的に折衝する春闘の原点堅持を確認した。18年春闘の指針では政府の要請を受ける形で具体的な数値目標を盛り込んでいたが、削除した。

 安倍晋三首相は昨年末、経団連の会合で6年連続で賃上げを要請。報告ではこういった近年の春闘について「…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文472文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです