メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独仏、安保でも連携強化 新友好条約締結

新たな独仏友好条約に署名したメルケル独首相(右)とマクロン仏大統領=独西部アーヘンで2019年1月22日、AP

 【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇】メルケル独首相とマクロン仏大統領は22日、独西部アーヘンで、新たな独仏友好条約に署名した。新条約は独仏の戦後和解の礎になったエリゼ条約(1963年締結)を補完し、政治・経済だけでなく軍事分野などで両国の連携強化を目指す。米国との通商政策を巡る対立や英国離脱問題で、欧州連合(EU)の結束が試される中、独仏両国は平和維持の基盤であるEUを擁護する姿勢を明確にした。

 署名式には独仏両首脳に加え、トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)やユンケル欧州委員長らが参加。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです