北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
働いた月数を指で数えるベトナム人実習生の女性。来日約半年で解雇されることに不安を隠せない=北海道で2019年1月、片平知宏撮影
働いた月数を指で数えるベトナム人実習生の女性。来日約半年で解雇されることに不安を隠せない=北海道で2019年1月、片平知宏撮影

 愛知県の青果卸売会社と関連会社の農業生産法人に雇用されているベトナム人技能実習生21人全員が25日にも解雇される可能性が高まっている。実習生を支援する関係者への取材で判明した。21人のうち少なくとも一部は雇用契約期間途中での解雇となることから、関係者は「正当な事由なく契約期間途中での解雇はできず、不当解雇に当たる疑いがある」と批判している。

 青果卸会社と農業生産法人は北海道の農家や農園と契約を結び、実習生を道内に派遣。ベトナム人21人は農作業や工場での青果選別などの作業に従事しているが、昨年12月に突然、1月25日付での解雇を口頭で通知されたという。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文904文字)

あわせて読みたい

注目の特集