メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬大、宇都宮大が「共同教育学部」設置へ 20年度から全国初

群馬大では荒牧キャンパスと桐生キャンパスでサテライト講義を導入している。宇都宮大との共同学部でもこうした授業が実施される=前橋市荒牧町4の群馬大学で2019年1月21日、鈴木敦子撮影                          

 群馬大学(前橋市)と宇都宮大学(宇都宮市)は21日、2020年度から全国初の「共同教育学部」を設置することをホームページ上で公表した。少子化の影響で教員採用数が減るのに伴い教育学部の縮小が求められる中、教員養成機関としての役割を維持・強化するのが狙い。群馬大は「連携することで引き続き幅広い専門性を満たし、地域への責任を果たせる。学生の視野も広がるのではないか」と話している。【鈴木敦子】

 現在、群馬大では、小学校▽中学校10教科▽高校12教科――の教員免許を取得できる。20年度以降も基…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文738文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです