メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京急開業120周年、川崎駅で記念式典 モニュメント「0キロポスト」設置

京浜急行電鉄開業120周年をくす玉を割って祝う同社と養老鉄道の関係者ら=川崎市川崎区の京急川崎駅で

 京浜急行電鉄が21日、開業120周年を迎え、京急川崎駅大師線ホームで記念式典があった。創業者の立川勇次郎氏のひ孫や、同じく立川氏によってつくられた養老線を運営する養老鉄道(岐阜県大垣市)の関係者も出席。節目の日を祝い、記念モニュメント「0キロポスト」を設置した。

 京急は1899(明治32)年1月21日、前身の大師電気鉄道が、旧東海道川崎宿に近い六郷橋駅から大師(現在の川崎大師)駅間で、国内3番目、関東では初めて、営業用電車の運行を開始した。営業距離は2キロだった。この120年間に、都心から川崎、横浜を経て三浦半島へと路線を延ばし、羽田空港へも乗り入れた。現在、総延長は87キロに上る。

 この日の式典には、同社の原田一之社長をはじめ、立川勇次郎氏のひ孫に当たる立川元彦さん、養老鉄道の原…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 漫画原作者の小池一夫さん死去 「子連れ狼」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです