世界遺産、20年に奄美・沖縄を再推薦へ 閣議了解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 世界自然遺産への登録を目指したが不備を指摘され、推薦を取り下げていた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)について、政府は22日、2020年の遺産候補へ再び推薦することを閣議了解した。指摘された問題点を改善した推薦書を2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出する。改めて現地調査を受けた後、来夏に登録の可否が判断される。

 ユネスコの諮問を受けて事前審査する国際自然保護連合(IUCN)は昨年5月、「奄美・沖縄」について4段階で下から2番目の「登録延期」を勧告。固有種のアマミノクロウサギやイリオモテヤマネコなど生物多様性の価値は認められた一方、候補地に小さな飛び地が多く連続性に欠ける上、在日米軍から一部返還された沖縄島北部の訓練場跡地を候補地に含めなかった点も問題視された。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文559文字)

あわせて読みたい

ニュース特集