メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委、製薬会社2社に立ち入り検査、ジェネリックで初 カルテルの疑い

 血中のリンの量を調整する薬剤「炭酸ランタン」のジェネリック(後発医薬品)について価格カルテルを結んでいた疑いが強まったとして、公正取引委員会は22日、日本ケミファ(東京都千代田区)とコーアイセイ(山形市)に独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で立ち入り検査に入った。カルテルによって医療費の負担を軽減するジェネリックの意義が損なわれかねない疑惑が浮上した。ジェネリックに関する立ち入り検査は初めて。

 関係者によると、炭酸ランタンの先発品はバイエル薬品が販売。腎臓病などによって上昇した血中のリン濃度…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです