メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委、製薬会社2社に立ち入り検査、ジェネリックで初 カルテルの疑い

 血中のリンの量を調整する薬剤「炭酸ランタン」のジェネリック(後発医薬品)について価格カルテルを結んでいた疑いが強まったとして、公正取引委員会は22日、日本ケミファ(東京都千代田区)とコーアイセイ(山形市)に独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で立ち入り検査に入った。カルテルによって医療費の負担を軽減するジェネリックの意義が損なわれかねない疑惑が浮上した。ジェネリックに関する立ち入り検査は初めて。

 関係者によると、炭酸ランタンの先発品はバイエル薬品が販売。腎臓病などによって上昇した血中のリン濃度…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです