メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告の保釈請求、再び却下 東京地裁

カルロス・ゴーン被告

 日産自動車の資金を私的に流用したとして会社法違反(特別背任)などで起訴された前会長、カルロス・ゴーン被告(64)について、東京地裁は22日、弁護人の2回目の保釈請求(18日付)を再び却下する決定を出した。前会長を保釈すると証拠を隠滅する恐れがあると改めて判断したとみられる。前会長は昨年11月19日の最初の逮捕以降続いている勾留がさらに長期化することになった。弁護人は決定を不服として、再び準抗告するとみられる。

 ゴーン前会長は今月11日に追起訴され、弁護人は即日、1回目の保釈請求を行った。これに対し地裁は15日、請求を却下。弁護人は17日に準抗告したが、地裁の別の裁判官が合議し、即日棄却していた。

 弁護人は最高裁に特別抗告することもできたが、18日、再び地裁に保釈請求した。弁護人は詳細を明らかにしていないが、1回目の請求では保釈後の住居としてフランス本国や東京都内のフランス大使公邸を指定し、2回目の請求では住居指定を都内のマンションにするなど内容を変更したとみられる。保釈請求は法律上、回数制限がないため、起訴後は何度でもできる。

 ゴーン前会長の家族は20日、米在住の報道担当者を通じ、2回目の保釈請求に対する地裁判断を前に「あらゆる条件を受け入れる」と表明。保釈の条件として、米当局が保釈中の被告らの逃亡防止に使用する装置を身につける▽検察庁に毎日出頭する▽旅券を預ける――ことなどを受け入れる用意があるなどとした。その上で「高額の保釈保証金」も容認するとして保釈を認めるよう訴える声明を出していた。【蒔田備憲】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです