メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省、繰り返される不祥事 根深い組織風土の問題

厚生労働省の過去の主な職員処分

 不祥事による厚生労働省職員の処分は、これまでも繰り返されてきた。トップの事務次官に及ぶこともたびたびあり、組織風土の問題は根深い。

 直近の大きな不祥事は、昨年2月に発覚した労働時間調査を巡る不適切なデータ処理。「裁量労働制で働く人の方が一般労働者よりも労働時間が短い」とする誤った資料の作成が問題化し、昨年成立した働き方改革関連法では裁量労働制拡大の部分が削除された。労…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです