三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ミロクコミュニティ救世神教」のホームページに掲載された謝罪文
「ミロクコミュニティ救世神教」のホームページに掲載された謝罪文

 津市で昨年末に開かれた研修会の参加者が麻疹(はしか)に集団感染した問題で、三重県は22日、新たに県内で4人の感染を確認したと発表した。2次、3次感染を含め、感染者は県内外で少なくとも42人に上った。県は研修会の主催者は津市の宗教団体「ミロクコミュニティ救世神教」だったと発表。同団体は22日、ホームページ…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集