メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪

「ミロクコミュニティ救世神教」のホームページに掲載された謝罪文

 津市で昨年末に開かれた研修会の参加者が麻疹(はしか)に集団感染した問題で、三重県は22日、新たに県内で4人の感染を確認したと発表した。2次、3次感染を含め、感染者は県内外で少なくとも42人に上った。県は研修会の主催者は津市の宗教団体「ミロクコミュニティ救世神教」だったと発表。同団体は22日、ホームページに謝罪文を掲載した。 

 県薬務感染症対策課によると、新たに判明した患者は、桑名市の20代女性▽津市の男子中学生▽伊賀市の女子中学生と男子小学生――の4人。いずれも研修会には行っていなかったが、参加者と医療機関や学校などで接触していたという。

 同団体はホームページで「医薬に依存しない健康や生活を重んじてワクチンを接種していない信徒もあり、結果的に多くの感染者が出た」と説明。「今後は保健所の指導に従い、皆様にご心配をおかけしないよう対処する」とした。【山本萌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです