メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「分析スタッフずばり」サウジ戦の冨安の先制点 アジア杯

 【シャルジャ(アラブ首長国連邦)丹下友紀子】サッカーのアジアカップに出場している日本代表は21日、当地であった決勝トーナメント1回戦で、サウジアラビアを1―0で降した。2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本は24日の準々決勝でベトナムと対戦する。

 勝敗を分けたのはセットプレーだった。柴崎(ヘタフェ)の左コーナーキック(CK)に冨安(シントトロイデン)が遠いサイドでヘディングで決めた前半20分の先制点。主将の吉田(サウサンプトン)が「分析スタッフのアドバイス通り」と語ったように、準備のたまものだった。

 フリーでボールに合わせた冨安の決勝点には緻密な分析と忠実に遂行する力があった。柴崎がファー(遠い)…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん、ラジオで「今は話したいとは思わないので、機会があれば…」 欅坂46脱退

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです