メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾の廃ガラスの半分を再生する工場 ケンブリッジ大出身長男が苦境救う

廃ガラスを再生させた花瓶や置物などの展示室に立つ呉春池さん(左)と呉庭安さん=台湾北部・新竹市で2019年1月11日、福岡静哉撮影

 台湾北部・新竹市の「春池ガラス実業」には台湾全体で回収される廃ガラスの実に半分に当たる10万トンが運び込まれていると聞き、現地を訪ねた。大量の廃ガラスは、職人たちの手によって住宅用の防火建材や美しいデザインのガラス製品などユニークな商品として生まれ変わっていた。廃ガラスの可能性を追求し、「持続可能な社会を子や孫の世代に残したい」との思いを胸に奮闘する工場を取材した。

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1790文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです