メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾の廃ガラスの半分を再生する工場 ケンブリッジ大出身長男が苦境救う

廃ガラスを再生させた花瓶や置物などの展示室に立つ呉春池さん(左)と呉庭安さん=台湾北部・新竹市で2019年1月11日、福岡静哉撮影

 台湾北部・新竹市の「春池ガラス実業」には台湾全体で回収される廃ガラスの実に半分に当たる10万トンが運び込まれていると聞き、現地を訪ねた。大量の廃ガラスは、職人たちの手によって住宅用の防火建材や美しいデザインのガラス製品などユニークな商品として生まれ変わっていた。廃ガラスの可能性を追求し、「持続可能な社会を子や孫の世代に残したい」との思いを胸に奮闘する工場を取材した。

日本統治時代からガラス産地として繁栄

 春池ガラス実業を訪れると、ガラス製の花瓶や置物、器などが並べられた展示室に案内された。オレンジや黄色、青など色つやが鮮やかで美しい。「すべて廃ガラスを利用し、社員たちがつくり上げた作品です」。会長の呉春池さん(70)と長男で会長補佐の呉庭安さん(34)が出迎えてくれた。

 新竹市近郊の山地では日本統治時代の1920年ごろ、ガラスの原料となる良質な二酸化ケイ素の鉱脈が大量に見つかり、日本企業が開発した。台湾一のガラス産地として栄えた。太平洋戦争中、米軍による空襲で多くの工場が被害を受けたが、戦後、再建が進んだ。

 春池さんは小学校を卒業後、廃ガラスの回収で家計を支えた。32歳だった81年に独立し、工場を建てた。回収した廃ガラスから不純物を取り除き、種類と色で分類し、窯で溶かして、新しいガラスを製造する。とても地道な作業だ。「当時は環境保護などより、とにかく食べていくことに精いっぱいだった」と春池さん。ちょうど台湾社会は高度経済成長期。廃棄されるガラスの量が増え、顧客を増やして事業を拡大した。社員らとアイデアを練り、余った在庫を使ってデザイン性の高いガラス製品を次々と考案。台湾の高級ホテルの客室で使われるガラス製のコップなども引き受けるようになった。ガラス回収・再生の分野で台湾最大の企業に育て上げた。

えとにちなんだブタの置物を作る職人の鄭建平さん=台湾北部・新竹市で2019年1月11日、福岡静哉撮影

 工場に入ると、ちょうど職人たちが溶かしたガラスから今年のえとにちなんだブタの置物を作っていた。中華圏のえとでは日本がイノシシの年は「ブタ年」になる。鄭建平さん(69)は「美しい作品ができあがると、とてもやりがいを感じる」と、はにかみながら話してくれた。

 春池さんの背中を見て育った庭安さんは成功大(南部・台南市)で資源工学を学んだ後、英国のケンブリッジ大で工場の品質や工程管理などに関して学び、修士号を得た。2009年に帰国後、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)に就職した。だが「父の力になりたい」と12年、退社。春池さんの右腕になった。

台湾全土の廃ガラスの約5割を再生

 その頃、春池さんは苦境に陥っていた。パソコンやスマートフォンの液晶画面に使われるガラスの回収量が年々増え、その処理に困っていたのだ。庭安さんによると、液晶ガラスは特殊な素材のため再利用が容易ではないという。庭安さんは再利用の道を探り、特殊な加工を施すことで、断熱性の極めて高い軽量の防火建材に生まれ変わらせた。13年から量産を始めてシンガポールに輸出するようになり、収益の柱の一つに成長した。16年には蔡英文総統が視察に訪れ、資源循環型社会の実現に向けた成功事例だと称賛した。

 日本でガラスのリサイクルに取り組む企業などで作る「ガラス再資源化協議会」(東京都)の加藤聡幹事は「ガラスのリサイクル事業をビジネスとして成功させるのはとても難しい。春池ガラス実業の取り組みに敬意を表したい。互いに発展する方向で協力できれば」と関心を示している。

 台湾行政院(内閣)によると、台湾で回収される廃ガラスは99年に5.5万トンだった。行政主導で業者に補助金を出すなど回収の強化に取り組み、18年は20.5万トンにまで急増した。庭安さんによると、春池ガラス実業のガラス回収量は毎年10万トンを超え、台湾全体のおよそ半分を占める計算になる。

春池ガラス実業の工場に持ち込まれた大量のガラス瓶。この後、溶解され、新しい命を吹き込まれる=台湾北部・新竹市で2019年1月11日、福岡静哉撮影

 海洋汚染を引き起こす廃プラスチック対策が国際的に叫ばれていることを受けて、プラスチックストローに代用できるガラス製ストローの製造も始めた。庭安さんは「新しい原料で一からガラスを製造するのに比べ、廃ガラスを新しいガラスに再生する方がエネルギー消費は少なくて済む。二酸化炭素(CO2)の排出も大幅に抑制できる。余計なガラス原料の消費も防げる。廃ガラスの再生が地球環境の保護に果たす役割は大きい」と生き生きとした表情で話した。【福岡静哉】

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです