メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「JJ」から「冬彦さん」まで! 賀来千香子の軌跡をたどる

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、1月26日午前7時半~8時)のゲストは、女優の賀来千香子さん。

     モデルから女優へと転身した草分け的存在の賀来さんは、短大時代に雑誌「JJ」で表紙を飾るトップモデルとして人気を博す一方で女優業にも挑戦。ドラマ「白き牡丹に」でデビューを果たすと、流行語に選ばれた“マザコン”や“冬彦さん”を生み出し、社会現象にもなったドラマ「ずっとあなたが好きだった」で主演を努めるなど女優としても確固たる地位を築き上げた。

     しかし、当時は、モデル出身の女優はほとんどおらず「モデル上がり」と陰口を言われたこともあったとか……。モデルだけでなく、女優に挑戦したきっかけは何だったのか? モデル時代やドラマの名シーンを振り返りながら当時の心境をうかがった。

    「記憶の中で今もきらめく1曲」は、渡辺貞夫さんの「サダオのための小さなワルツ」。モデルをはじめた頃によく聴いていたというこの曲への思い入れを話していただいた。

     中学時代は、バトミントン部の部長を務め、30代でフルマラソンを完走するなどスポーツ好きな賀来さん。最近は、スポーツ観戦からのインタビュー鑑賞にハマっているそうだ。寝不足になる程見入ってしまうその魅力をはじめ、ドラマ「今日から俺は!」で大ブレイクした甥の賀来賢人さんとのエピソードなどをたっぷりうかがいながら、賀来さんの素顔にサワコが迫る!

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです