メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、米や欧州で観測

[PR]

 [20日 ロイター] - 米国の一部地域で20日夜、赤褐色に染まった「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」と呼ばれる皆既月食が観測された。

     満月が地球に最も接近して大きく見える「スーパームーン」と皆既月食に伴い月が赤く見える「ブラッドムーン」の現象が重なった。さらに1月の最初の満月を「ウルフムーン」と呼ぶことから「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」となった。

     米中部や北東部では悪天候で観測できなかった地域もあったが、ロサンゼルスではちょうどタイミング良く晴れ間がのぞき、ハリウッド近郊のグリフィス天文台では1500人以上の見物客が神秘的な天体ショーを楽しんだ。

     この「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」は、ベルギーやドイツなど、欧州の一部地域でも観測された。

     *写真を更新しました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

    3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

    5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです