メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サッカーキング

サウジ戦の勝利で“日本の成長”を感じた乾「批判されがちですけど…」

情報提供:サッカーキング

ベトナム戦に向けてトレーニングを行った乾貴士
 サウジアラビア戦から一夜明けた22日、厳しい試合をベンチで見守った乾貴士は「こういう勝ち方ができるのは日本が成長した部分」と振り返った。

 日本代表はボールポゼッションで圧倒され、終始押し込まれる展開を強いられたものの、20分に冨安健洋が決めた1点を守り切り、準々決勝へ駒を進めた。

「出ている選手は我慢強く戦った」とチームメイトを称えた乾は、「批判されがちですけど、一発勝負の決勝トーナメントでこういう勝ち方をできるっていうのは、日本が成長した部分だと思います。こういう試合で負けるというのは、今まで何度も見てきたので」とチームとしての成長を感じている。

 グループステージ第3節のウズベキスタン戦では先発出場したが、「1カ月ぶりの試合だった」ということもあり、不完全燃焼に終わった。それでも「試合感とか体力的なところでだいぶ取り戻せた」と復調に自信をのぞかせる“10番”は、「自分としても納得できるプレーを、チームに迷惑をかけないプレーをやっていけるように」と意気込みを語った。

【関連記事】
●南野拓実、オマーン戦の警告で約55万円の罰金処分…AFCが発表
●フルメニュー消化で完全復活に前進! GK東口「プレーで貢献したい」
●日本代表に朗報! 大迫勇也&東口順昭がフルメニューを消化
●「W杯のサッカーをアジア杯でやってしまった」セルジオ越後氏、“防戦一方”の展開を不安視
●冨安が明かす決勝ゴールの舞台裏…瞬時の駆け引きで見抜いた相手の“弱点”

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです