メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

元レーシングドライバーが斬る! 続々登場のパワーエリートSUVはスポーツカー並に走れるのか?

情報提供:カートップ

元レーシングドライバーが斬る! 続々登場のパワーエリートSUVはスポーツカー並に走れるのか?

ランボルギーニやポルシェなども激速SUVを続々リリース

 世界的にSUVが大ブームになっているが、最近はSUVをネットで検索すると「スポーツ ユーティリティ ビークル」の略だと出てくる。そうじゃあないだろう。SUVは元来「スペース ユーティリティ ビークル」の略だったはずで、いつから「スペース」が「スポーツ」に誤解釈されるようになってしまったのか疑問だ。

「スポーツ」と解釈されるようになったからか、近年はSUVにもハイパワーで走りの良さをアピールするモデルが相次いで登場している。もっとも新しいところでは、あのスーパーカーメーカーとして名高いイタリアのランボルギーニ社が「ウルス」というスーパー・SUVを登場させている。

SUV

 ランボルギーニのホームページには「スーパースポーツ ユーティリティ ビークル」と紹介されているからSUVを「スポーツ ユーティリティ ビークル」と定義しているわけだ。ウルスは最大出力650馬力を発生する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、フルタイム4WDのパワートレインを持つ。SUVカテゴリーでは世界最高馬力のクルマだ。

 ほかにもポルシェのカイエンやマカン、BMW X5MやX6M、メルセデス・AMG GLE63などパワーエリートのSUVが多くラインアップされている。

SUV

 国内メーカーのモデルではパワーエリートと呼べるほどのSUVはまだ存在していない。レクサスRX450hがかろうじて机上に乗る程度だろう。

「スポーツ」と解釈するにしろ「スペース」と解釈したにしろSUVモデルがスポーツカーだと謳っていいのだろうか。それなら従来のスポーツカーと比べて走りはどう違うのか。

SUV

 それは各車の外観的特長を見れば察しがついてくる。SUVの外観的特長は車高が高く、ロードクリアランス(最低地上高)も大きく設定されている。ロードクリアランスを大きくすることは悪路での走破性を高めることが狙いで、ランボルギーニ・ウルスには「TERRA」(悪路)や「SABBIA」(砂漠)といったドライビングモードを備えている。こうした一般的なスポーツカーでは走れないような地域、路面状況ではスポーツSUVの存在意義は大きいはずだ。だが国内の一般道や通常のスポーツカーが走りを楽しむクローズドコース(サーキット等)で一緒に走ったらどうだろうか。

SUV

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです