メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

情報提供:カートップ

ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在

 未だに衰えを感じないSUV人気。そのため、いままで高級車やスポーツカーしか作ってこなかった海外メーカーも続々と新型SUVをリリースしているほどだ。しかし、出せば売れるといった状況のSUVマーケットであるが、すでに販売を終了したSUVモデルの価格も上昇しているかといえばそうでもない。そこで今回は、クルマとしての出来はいいものの不人気が故に手ごろな価格で狙えるSUVをご紹介しよう。

1)ダイハツ・テリオスキッド

 軽自動車の本格SUV(クロスカントリー)と言えば、満場一致でスズキ・ジムニーの名前が挙がるところだろうが、一昔前までは三菱のパジェロミニとともに3すくみの関係だったのが、ダイハツ・テリオスキッドだ。

SUV

 この3車種の中では唯一5ドアハッチバックのボディを持ち、使い勝手に優れるほか、全グレードでターボエンジンを搭載し、縦置きエンジンのFRベースの4WD(2WDも有)ということで、じつは走りのポテンシャルも高いモデルとなっている。

SUV

2)三菱エアトレック

 日本国内に2005年からアウトランダーが登場するまで、海外市場でアウトランダーの名前で販売されていたのが2001年にデビューしたエアトレックだ。次世代クロスオーバーSUV「スマートオールラウンダー」として登場し、1550mmと立体駐車場に入る全高ながら195mmという最低地上高を持つ(デビュー時の数値)欲張りなモデルだった。

SUV

 登場から1年後には当時のランサーエボリューションにも搭載された4G63型2リッターターボエンジンを搭載した「ターボR」を追加。2003年には北米モデルに採用されていたフロントマスクを持った「スポーツギア」を追加するなど、テコ入れを行うも人気車種となることは叶わなかった。

SUV

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです