メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛禽類

減少深刻 18%が絶滅危機「生態系に悪影響」 国際保護団体調査

 ワシ、タカ、フクロウなど世界各地にすむ約550種の猛禽(もうきん)類の52%で個体数が減っており、18%が絶滅の危機にひんしているとの調査結果を、国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナル(本部・英国)などの研究グループがまとめた。日本でも34種中14種で数が減り、北海道のシマフクロウなど3種の絶滅危惧種も含まれている。

 研究グループは「状況は他の鳥類に比べても悪い。猛禽類がいなくなれば生態系全体に悪影響が生じる」と指…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです