メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・江上剛さん 「砂漠」を一人で歩く魅力

 この正月も自宅から東京タワー(東京都港区)まで約20キロを友達と走りました。展望台に上って、「タワー大神宮」にお参りし、一杯飲んで帰ってくる。新年の恒例行事なんです。

 初めて東京タワーに上ったのは、田舎から修学旅行で上京した中学2年の時でした。東海道新幹線が開業した少し後だったと思います。展望台から東京の景色を見下ろして、その圧倒的な迫力に、東京はすごいなあと、まず思ったね。その時の感覚が残っているせいか、東京で一番思い入れがあるのはやっぱり東京タワー。ただ、展望台にある透明なガラスの床の上にはいまだに立てないんです。今年も乗れなかった。怖くてね。

 僕が生まれ育ったのは、兵庫県の山奥にある人家約60軒の村です。高校に通うにも自転車で1時間かかり、…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです