メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

改正文化財保護法 4月施行 「史実より神話」の傾向懸念 京大教授、国立歴史民俗博物館長ら討論

シンポジウムで、今後の文化財との向き合い方について語る京都大の高木博志教授(右)ら=京都市左京区で

 改正文化財保護法の施行が4月に迫る中、文化財や博物館の現状と今後のあり方を考えるシンポジウムが昨年11月、京都大人文科学研究所(京都市左京区)であった。文化財行政が「保護」中心から「保存と活用」の両立へと転換される背景などについて、有識者らが話し合った。

   ■  ■

 改正は、過疎化や少子高齢化で文化財が危機に直面する中で、国から地方への権限の移譲などによって、文化財を活用したまちづくりや観光を推進する狙いがある。合わせて地方教育行政法も改正され、文化財保護業務が教育委員会から首長部局に移管できるようになる。しかしこの結果、保護がおろそかになったり、「稼げない文化財」が軽視されたりすることへの懸念もある。

 京都大の高木博志教授は、これまでにも文化財が政治に左右されてきた状況を解説。明治時代の文化財保護政…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1275文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです