メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

1年 祈りささげ 犠牲の自衛隊員を悼む「仲間かばう 彼らしい」 追悼式

草津白根山の噴火から1年がたち、追悼式で黙とうする人たち。左奥が本白根山のある方向=群馬県草津町で23日午前10時2分、藤井達也撮影

 草津白根山の本白根山(もとしらねさん)(群馬県草津町)の噴火から1年の23日、噴石で訓練中の自衛隊員1人が死亡、11人が負傷した同町の草津温泉スキー場で追悼式が開かれた。噴火した時刻の午前10時2分に合わせて、群馬県や陸上自衛隊などの関係者ら約70人が黙とうをささげた。

 追悼式で草津町の黒岩信忠町長は「亡くなった自衛官は部下をかばって殉職され、胸がさける思い。心から哀悼の誠をささげたい」とあいさつ。「町としては今後、火山といかに共生するか考えていかなければならない」と述べた。

 参列者は献花台に花を供え、犠牲者の冥福を祈った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです