メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

21年「虐待死ゼロ」 孤立する親に声かけを 民間ネット、来月発足 大阪

「ゼロ会議」発起人の浜辺拡臣さん(左)、メンバーの前田真理さん(中央)ら=大阪市内で2018年12月、御園生枝里撮影

 身近にいる親子に寄り添い、大阪府内で児童虐待で亡くなる子どもをなくそうと民間のネットワーク「ゼロ会議」が来月スタートする。警察庁によると、一昨年に虐待で亡くなった児童は都道府県別で大阪府が最多。子育て支援に取り組んできたNPO法人や市民ら30の団体・個人が「虐待死ゼロ」を目指す。発起人で一般社団法人「日本子育て制度機構」の浜辺拡臣理事(38)は「自分にできることはないかと思ったら参加してほしい」と呼びかける。【御園生枝里】

 浜辺理事はウェブ制作会社を経営する傍ら、子を持つ父として児童虐待の問題に取り組んできた。2015年…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです