メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸沿岸道路

歌津-小泉海岸IC間、来月16日開通 仙台-気仙沼間、10分短縮 /宮城

 国土交通省仙台河川国道事務所は21日、三陸沿岸道路の歌津インターチェンジ(IC・南三陸町)-小泉海岸IC(気仙沼市)間の10キロが2月16日に開通する見込みとなったと発表した。これにより、仙台市と気仙沼市が初めて自動車専用道路でつながる。同日は本吉津谷IC-大谷海岸IC(共に気仙沼市)間の4キロも開通する。

 同事務所によると、今回の2区間の開通により、仙台市中心部から気仙沼市中心部までの移動が約10分間短縮できる。東日本大震災の津波浸水区域や大雨・台風の通行規制区域を回避できるほか、気仙沼市からカツオなどの生鮮食品を東京市場まで輸送する時間も従来通りに東北道を利用するよりも短くなる。同事務所は救急搬送の安定性の向上や、観光客誘致の促進も期待できるとしている。

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです