メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地支援、連泊を ふっこう周遊割、今月末が期限 /京都

 昨年7月の西日本豪雨被災地での2泊以上の旅行に1泊当たり4000円を上限に補助金を支給する「ふっこう周遊割」の支給額が1月9日時点で9700万円の予算に対し23%の2266万5303円にとどまっていることが分かった。府内は1月末までが期限で、府観光政策課は「被災地支援につながるので積極的に利用してほしい」と呼びかけている。

 豪雨被災地を支援しようと国が設けた「7月豪雨観光支援事業費補助金」制度を利用し、昨年8月30日から府の他10県で「ふっこう周遊割」として展開。当初は「2府県以上で2泊以上5泊までの連泊」を条件としていたが、府県をまたぐ申請が伸びなかったこともあって10月から単独の府県だけの連泊でもOKと変更している。既に9県は補助を終了し、現在継続しているのは府と徳島県のみとなっている。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです