感謝状

山陽学園大に 学生が犯罪被害者支援 県警 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
犯罪被害者支援活動に岡山県警から感謝状が贈られた山陽学園大の斉藤育子学長(中央)と大島彩菜さん(右)、学生を指導する上地玲子・准教授=岡山市中区で、石川勝己撮影
犯罪被害者支援活動に岡山県警から感謝状が贈られた山陽学園大の斉藤育子学長(中央)と大島彩菜さん(右)、学生を指導する上地玲子・准教授=岡山市中区で、石川勝己撮影

 暴走車にはねられて死亡した児童を題材にした紙芝居の上演など、学生による犯罪被害者支援活動を続ける山陽学園大(岡山市中区平井1)に22日、県警から感謝状が贈られた。

 同大の「ボランティアサークルあい」では、約30人の女子学生が被害者支援をしている。2012年に京都府亀岡市で無免許運転の車に登校中の児童らがはねられ、10人が死傷した事故を題材に紙芝居を作り、小学校などで読み…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

注目の特集