メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

今、金栗四三=福本容子

 <sui-setsu>

 五輪の開会式で入場する日本選手団の国名プラカードは「JAPAN」。でもその年は「NIPPON」だった。1912年開催の第5回ストックホルム大会である。

 「外国が勝手に付けたJAPANなら(プラカードを掲げての行進は)やめる」と抵抗した日本人がいたためだ。

 金栗四三(かなくりしそう)。日本人初の五輪出場選手で、今年のNHK大河ドラマの主役である。

 遠い異国での初参加に萎縮しそうなところ、最初は「日本は日本」と、漢字表記を求めたというから、とつけ…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです