メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
独仏

新条約締結 安保でも連携強化

メルケル独首相=ロイター

 【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇】メルケル独首相とマクロン仏大統領は22日、独西部アーヘンで、新たな独仏友好条約に署名した。新条約は独仏の戦後和解の礎になったエリゼ条約(1963年締結)を補完し、政治・経済だけでなく軍事分野などで両国の連携強化を目指す。

 米国との通商政策を巡る対立や英国離脱問題で、欧州連合(EU)の結束が試される中、独仏両国は平和維持の基盤であるEUを擁護する姿勢を明確にした。

 署名式には独仏両首脳に加え、トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)やユンケル欧州委員長らが参加。…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文692文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです