メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ・パナソニック

EV電池、中韓に対抗 来年新会社

次世代型の自動運転EVを発表するトヨタ自動車の豊田章男社長=米西部ラスベガスで2018年1月、清水憲司撮影

 トヨタ自動車とパナソニックは22日、電気自動車(EV)向けなどの車載用電池を共同で開発・生産する新会社を2020年末までに設立すると発表した。中国や欧米など世界的な環境規制強化を背景にEVの需要拡大が見込まれる中、日本を代表する2社が組むことで量産による低コスト化と新技術開発を加速。車載用電池で近年台頭する中韓勢に対抗したい考えだ。【小倉祥徳、小坂剛志、斎川瞳】

 新会社の出資比率はトヨタ51%、パナ49%。パナが持つ車載用電池工場のうち、兵庫県などにある工場の…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです