メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日本映画大賞を受賞した「万引き家族」の一場面

強いメッセージ性、評価

 第73回毎日映画コンクールの各賞が発表された。日本映画大賞は「万引き家族」、日本映画優秀賞は「菊とギロチン」に決まった。メッセージ性の強い2作品が、2018年の代表作として選ばれた。

 「万引き家族」(是枝裕和監督)は、昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを日本人監督の作品として21年ぶりに受賞。虐待や貧困など現代の課題に目を向けつつ、家族や血縁について考えさせる点が評価された。

 同作で怠惰な母を演じた安藤サクラさんは女優主演賞、祖母役の故樹木希林さんは女優助演賞を受賞。是枝監…

この記事は有料記事です。

残り1606文字(全文1862文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです