メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本映画大賞を受賞した「万引き家族」の一場面

強いメッセージ性、評価

 第73回毎日映画コンクールの各賞が発表された。日本映画大賞は「万引き家族」、日本映画優秀賞は「菊とギロチン」に決まった。メッセージ性の強い2作品が、2018年の代表作として選ばれた。

 「万引き家族」(是枝裕和監督)は、昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを日本人監督の作品として21年ぶりに受賞。虐待や貧困など現代の課題に目を向けつつ、家族や血縁について考えさせる点が評価された。

 同作で怠惰な母を演じた安藤サクラさんは女優主演賞、祖母役の故樹木希林さんは女優助演賞を受賞。是枝監…

この記事は有料記事です。

残り1606文字(全文1862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです