メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

シニアこそ着こなし自由に 鳥居ユキさんに教わる

シニアのファッションのコツについて語る鳥居ユキさん=藤井太郎撮影

 19歳でデザイナーデビューして以来、114回のファッションショーを続けている鳥居ユキさん(76)。色柄を積極的に取り入れた自身の着こなしにも定評があり、昨秋、コーディネートブックを出版した。鳥居さんのおしゃれの極意とシニア世代に向けたアドバイスを聞いた。

 ●定番+今っぽさ

 整えられた美しい白髪、ピンと伸びた背筋。年齢を感じさせない軽快な足取りで登場した鳥居さんが最初に紹介してくれたのは、水玉のニットアンサンブルにピンストライプのロングスカート、ダマスク柄のシフォンスカーフを合わせた装い=写真[1]。全身柄物でも、色は紺で抑えているためうるさく感じない。ブーツと口紅の赤がアクセントになり、遊び心あるコーディネートが完成している。「服選びは感覚。セオリーは考えない」と話すが、よく見るとアンサンブルの水玉は大きさが微妙に違っていて、単調にならないよう工夫されている。斜めに入ったピンストライプも新鮮だ。「いずれもクラシックで定番の柄。だからこそ、組み合わせ次第で雰囲気が一気に変わる。何か一つでも今っぽさが加われば、おしゃれの扉は開くのよ」

 鳥居さんが次に披露してくれたのは、ブラウスの花柄と差し色をポイントにしたコーディネート=同[2]。光沢のある生地に大柄のバラやアネモネのプリントが華やかだ。タイトスカートはグレンチェックで、こちらも柄と柄の組み合わせだが、花と同じ朱色のカーディガンを羽織り、統一感を出している。「決まりすぎた着こなしはつまらない。アシンメトリー(左右非対称)に垂らしたボウタイや、スカートのフリンジで動きを出したの…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです