メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

失語症

アプリで支援 意思疎通円滑に シンプルさ追求 音声を文字に/読み上げも 神奈川大の研究室

アプリの説明をする芝野さん(左端)と名取さん(左から3人目)と、様子を見守る高野倉さん(同2人目)=2018年12月1日、千葉市美浜区で岡本同世撮影

 脳卒中などで言語能力に障害が残る失語症は、思うように話したり人の話を理解したりするのが難しくなる。外見からは障害が分かりにくいため誤解されることも多い。近年、周囲とうまくコミュニケーションが図れるよう支援する動きが広がりつつある。【岡本同世】

 昨年12月1日、千葉市美浜区で開かれた「若い失語症者のつどい」。ここで、スマートフォンやタブレット端末を使った失語症支援アプリの操作体験が行われた。

 「このボタンを押すと、相手が話した言葉を文字に変換してくれます。しゃべってみてください」

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文1918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです